スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

秋へのいざない

※ クリスマスローズ 販売情報 ※

クリスマスローズ販売店 『Fairies Forest(フェアリーズ フォレスト)』
       ・
       ・
   開花予定苗ご提供開始(8月11日~)!
   秋の親株等ご提供開始(8月16日~9月末日)!



                       ☆ こちらでも情報発信中! ☆

           My facebook     My twitter

貴方もFacebookやTwitterのアカウント登録をして友達になりませんか?

==========================================================================

あれだけ暑かった猛暑も和らぎ始め、赤トンボの群れが舞い交う光景を見ると秋が近づいている様子が少しづつ感じられる様になってきました。
夢ハウスは少し遅い夏休み中、、、そんな昨日のことですが、祈る(禅)・憩う(花)・寛ぐ(味)と、様々な顔を持つ可睡斎に行って来ました。
この可睡斎と言う名前にはちょっとした由来があります。

※ 可睡斎の由来(パンフより転載)
当斎の第十一世仙麟等膳大和尚は、幼い家康公を戦乱から救ったことがあり、後に家康公が浜松城主になった折、報恩のために城へ招かれましたが、なんとその席で居眠りを始めてしまいました。
それを見た家康公は、和尚の安らかな親愛の心を悟り、「和尚、睡る可し」(御前で眠っても無礼ではないとの意)と言い、「可睡和尚」と愛称されるようになりました。
これにより寺号も東陽軒から可睡斎へと改められ、後に十万石の待遇と徳川幕府最初の僧録司という職も与えられました。

今川義元の人質として送った幼少期の大恩に対するお返しが”存分に寝るべし”とは何とも粋な計らいに思えて、、、万年寝不足となった私も誰かに言われてみたい言葉です!
そんな冗談はさておき、、、

夏と秋が同居する空の下を少しだけ歩きます。

(総門)
20150826001.jpg

(山門)
20150826002.jpg

20150826003.jpg

20150826004.jpg

20150826005.jpg

(本堂)
20150826006.jpg

20150826007.jpg

いつも境内を回って外から参拝するだけでしたが、この日は拝観料を納めて諸堂の内拝をしてみました。
こちら↓は総ヒノキ造りの瑞龍閣で、2階は50畳敷きの2室(菊の間」・牡丹の間)、1階は小さな6室から成り、それぞれの間に写真を撮りきれないほどの襖絵や豪華な装飾が施されていました。
20150826008.jpg

20150826009.jpg

20150826010.jpg

20150826011.jpg

20150826012.jpg

20150826013.jpg

20150826014.jpg

ご紹介はここまでですが、一度中に入りますと本堂を初めとして僧堂(坐禅堂)・大黒殿・御真殿(秋葉三尺坊)・開山堂・大東司・宝物館等々を内拝できます。
秋の行楽シーズンも間近となりました、、、寺社仏閣、懐に飛び込むとまではいきませんが、内側から感じてみることも良い事です。

【 Facebookより引用記事です 】

ショップ(Fairies Forest → http://fairiesforest.cart.fc2.com/)でご注文いただいた商品を家に運んで荷造りをしたかったのですが、雨の後で渇きが悪くて運んだものの作業は断念(-_-;)
仕方がない、、、今日まで夏休み~♪
そこで、小用を足しに日本一のトイレへ行ってきました!
そのトイレは600年の歴史を刻む”曹洞宗可睡斎(山号:萬松山(ばんしょうざん))”…徳川家康が名付けた古刹で、東海道一の禅の修行道場です
   ・
   ・
   ・
まったく匂いはしないし、チリひとつ落ちてないし、、、此処で食事も出来そうな感じ!(笑)
高村晴雲作の烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)の手前流石に諦めましたが、使っても良いんだろうか?…見られてる感が半端ないけど!
a001.jpg

a002.jpg

a003.jpg

a004.jpg

a005.jpg

a006.jpg

a007.jpg

a008.jpg


【 Facebookより引用記事です 】

牡丹寺としても有名な可睡斎の総門を↓見上げると何とも趣のある十二支の方位盤がありました
陰陽道では鬼が出入りする北東の方角(丑と寅)を鬼門として、万事に忌むべき方角としています
その鬼門の反対側となる南西の方角(未と申)を裏鬼門と言って、これまた鬼門と同様に忌み嫌われています
丑(牛)の角を生やして寅(虎)柄パンツを履いた鬼になぞられてなんでしょうか?(漫画の世界か!って(笑))
だとしたら、、、裏から忍び込んでも申(猿)しか連れていないんじゃ鬼退治は出来ないよ!@桃太郎
今年は未年、、、熱田(熱田神宮?)まで28里と書いてあります…歩きますか!(-_-;)
a009.jpg

a010.jpg

a011.jpg


【 Facebookより引用記事です 】

”法華蔵界(はちす)の池”と銘打つ枯山水形式の庭園を眺めていたら、、、若い僧侶に「日帰りから坐禅体験が御座いますよ!」と声を掛けられました(笑)
いつも通り拝観ルートを無視しながらぐるぐる回っていたら、坐禅堂を見つけちゃいました(^^)v
その時は「此処(庭園)で十分です^^;^^;」と答えましたが、いつかやってみたいかな?
何となく一足早い秋を感じた心地良さでした♪
a012.jpg

a013.jpg

a014.jpg

a015.jpg

a016.jpg



★ 皆様の応援が頑張って更新する励みになります。 ★

一日一回だけ、下のどちらか一方のバナーをクリック
宜しくお願いします。
(このブログに10ポイント<inポイント>が加算されます。)

また、一日一回だけ「にほんブログ村」からこのブログを探してクリック
宜しくお願いします。
(このブログに10ポイント<outポイント>が加算されます。)
   ↓
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。